年中行事

◇睦月   
元旦歳旦祭午前0時年の初めに地域と国の安泰を祈る祭りです。伊豫神楽の奉納の後、一番神楽の御祈祷を行います。
4日・5日仕事始め祈願祭随時新年の仕事始めにあたり、企業の昇殿参拝が行われます。
1月15日どんど焼き午前8時広場で古神札やお正月飾の御焚上神事が行われます。総代さんによるお汁粉のふるまいもあります。
◇如月   
初旬

 

2月入りの厄除

 

随時厄年にあたった方々の厄除け参り。2月初旬に行うのは宇和島地方の習慣です。
◇卯月   
4月14日春祭り午後4時社殿で1年の豊作を祈る春祭りの神事が行われます。広場は露店で賑わいます。
午後6時拝殿前の舞台で、伊豫神楽の奉納が行われます。
午後8時頃餅まき
◇文月   
7月31日夏越祭午後4時社殿で半年の罪穢れを祓い、夏の無病息災を祈る越祭の神事が行われます。
午後6時頃茅の輪くぐりの人々で賑わい始めます。広場では露店と三島青年団のバザーも。
午後8時神社下の来村川に仕掛け花火に点火され、打ち上げ花火が上がります。
◇葉月   
8月4日権現山頂上祭午後12時権現山の山頂にある山高神社の例祭です。普段は薬師谷にお祭りしている御神体を山頂にかつぎ上げ、山頂で神事が行われます。
◇神無月   
10月14日秋祭り午前9時半社殿で豊作を感謝する秋祭りの神事が行われます。
午前11時頃各愛護会から出た子供牛鬼や子供神輿で賑わいます。
午後12時宮出し。神社の神輿3基が三島青年団にかつがれ、保田の牛鬼を先導に神社を出発します。
午後3時保田にて御旅所祭。神事の後、餅まきも行われます。その後、神輿は本川内や元結掛など氏子域を巡幸し、戎山をまわって神社へ戻ります。
午後6時神社に戻った神輿は、来村川に入り忌竹に付けられた御幣を取り(走り込み)、禊の後に神社に還御します。川では仕掛け花火も行われます。 
◇霜月   
11月15日頃七五三随時子供の健やかな成長を祈る七五三参り。11月15日が正式とも言われますが、随時受け付けています。